理学療法士の求人について

subpage01

理学療法士は主として病気やケガによって身体運動機能に何らかの障害が生じた方に対して、その運動機能の回復を図ることを目的としています。



その理学療法士が専門職として活躍する職場は多岐にわたり求人も様々です。
例えば、なかでも今のところ比較的に多いのが病院やクリニックなどの医療機関であり、また理学療法士が希望する職場として人気があります。

病院のような医療機関の求人の場合、大きく分けて3つに分類されています。1つ目は病気やケガをして日が浅い時期の急性期と呼ばれる病院、2つ目は症状や状態が安定してきて退院を目指して集中的にリハビリテーションを行う回復期と呼ばれる病院、3つ目は症状が重くてなかなか退院が困難であったり入退院を繰り返さざるを得ない方を対象とした生活期・維持期と呼ばれる病院があります。



これら3つのなかで比較的人気があって求人が多い傾向にあるのは回復期の病院であり、回復期リハビリテーション病院(病棟)です。

上記は医療機関について触れましたが、ほかにも介護保険分野や介護予防事業にかかわる求人が増えてきている傾向にあります。



例えば介護老人保健施設や介護老人福祉施設、機能訓練特化型事業所などがあります。また、在宅訪問リハビリテーションを提供する訪問看護ステーションなども就職先としてあります。さらに理学療法士が活躍できる職場としては、地域包括支援センターのような行政機関があり、後進育成の観点から理学療法士養成学校の求人があります。

社会の実態

subpage02

高齢化社会が進むと、病気や怪我で入院後にリハビリテーションを受けなければならない人が増えるようになります。手術を受けた後の患者さんは体力が極端に落ちますし、体が不自由になる方もいるので、元の生活に戻るためのケアを受けなければなりません。...

NEXT

おすすめ情報

subpage03

理学療法士の求人は、高齢化社会を迎えて、今後ますます増えると予測されています。一昔前は、整形外科のある病院でしか働く場所がない、といった感じでした。...

NEXT

知っておきたい常識

subpage04

コメディカルの言語聴覚士は患者さんの嚥下能力の向上のためにトレーニングを行う仕事ですが、これらの求人は福祉業界から愛護業界まで様々な業界から求人が出ています。人手不足の医療機関や福祉施設などでは高い待遇で雇用をしている例も多いですから募集を探す場合にはまずは転職サイトや就職サイトを通じて探すことが大事です。...

NEXT

社会のコツ

subpage04

言語聴覚士は、脳卒中による失語症や聴覚障害者や発達障害で言語に問題のある人や子どもたちに、対処法を指導したり、検査や評価を行ったり、訓練や補助を行う仕事です。病院やリハビリテーション施設、介護施設からの求人が圧倒的に多いです。...

NEXT